スポンサーサイト
  • 2006年07月31日(月)
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ラーメン食べ歩き | main | 出題傾向(3) >>
出題傾向(2)
特撮ソングの出題は例年に比べ控えめにします。


[解説]
特撮ソングについては、
作詞・作曲・歌手などの共通項や特殊な音楽性もアニメ主題歌等と同一であり、
もとより特撮番組自体が子供向け番組という出自の相似があるので、
アニソンとして出題するにふさわしい存在であるといえます。
かつてはアニメ・特撮を総称して「テレビまんが」と呼ばれてましたし、
アニメージュ85年8月号付録「アニソンブック」では『兄弟のようなもの』として特撮ソングが紹介されています。
したがって特撮がアニメと切っても切り離せない間柄であると断言できます
(もし特撮の出題に疑問を抱く方がいらっしゃいましたら、これらのことをしっかり勉強なさってください)。

さてそのような存在の特撮ですが、
特撮番組がアニメに引けをとらない程の隆盛を誇ったのは70年代までで、
現在に至っては「戦隊」「ライダー」「ウルトラマン」等の一部人気シリーズが存続する程度になってます。

今大会ではこのような実態をふまえ、
例年より特撮ソングの出題を控えめにすることにしました。
参加者におかれましては対策の参考にしてください。
スポンサーサイト
  • 2006年07月31日(月) 00:15
  • -
  • -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://anisonking.jugem.jp/trackback/84
トラックバック